BLOG

フィギアスタイルのぬいぐるみ「ELEMENTS OF COLORS」

こんにちは。今日は「ELEMENTS OF COLORS」の特徴をお伝えしたいと思います。

 

「ELEMENTS OF COLORS」はフィギュアアーチストのTOUMAさんがデザインしたフィギュアスタイルのぬいぐるみです。ミッキーマウスの立ち姿のフォルムをベースに、みんなの大好きなミッキーマウス、ドナルドダック、クマのプーさんのカラーをパッチワーク状にあしらっています。

 

スクっと立ち上がった高さは約210mm(接地面からミッキーマウスの耳の先まで)です。ぬいぐるみなのになぜ立てるの?と思われるかもしれません。接地面となる足の裏側にはフラットな形状を維持するために厚紙が仕込まれています。しかし、手、足、首、胴体いずれにもに骨格になるものなどは入れてありません。表地となる布の裁断をミリ単位で工夫し十分な量の綿を詰めることで、布と綿の力だけで自立するようにしています。

 

縫製品ですので、仕上がりに個体差があります。

縫製品ですので、仕上がりに個体差があります。

樹脂製のフィギュアと違い、一体づつ手作りをしていきますので、個体差があることもぬいぐるみフィギュアの特徴です。ちょっとした加減で脚の姿が変わります。目の前にある「ELEMENTS OF COLORS」は世界で唯一!それぞれの「ELEMENTS OF COLORS」はすべて違うのです。

 

右耳、左脚に、それぞれのマークが入っています。

右耳、左脚に、それぞれのマークが入っています。

カラーリングは、ミッキーマウス、ドナルドダック、クマのプーさん、それぞれをイメージするカラーパーツ(ミッキーマウス13色、ドナルドダック8色+蝶ネクタイ、くまのプーさん9色)で構成されています。そして、それぞれのキャラクターのカラーであることの証として、右耳には名前入りの刺繍が、左足にはシルエットが刺繍されたタグが付属しています。そして、カラーパーツは白糸でパッチワーク状に縫い合わせられ、綿を詰めるとミッキーマウスの立ち姿になるように緻密に計算されています。

 

SHOPページもご覧ください。

 

©Disney ©Disney. Based on the “Winnie the Pooh” works by A.A. Milne and E.H. Shepard